年年歳歳花相似たり

    花は咲く、咲きつづける



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
アンのボストンバッグ :: 2012/03/10(Sat)



アンのバッグが届きました。


わくわくしながら開けたのに、

その高まりは瞬く間に急降下しました。


バッグなのに、全部固いんです。

バッグという名の置物です。


CIMG6632.jpg


これではアンも可哀相。

荷物を入れたくても

バッグは開きません。


やっぱりバッグはバッグでなくちゃ、

と、できあがった可愛らしいバッグ。


0226-9


これでアンの部屋にも

少し息吹が吹きこまれました。

スポンサーサイト
  1. 赤毛のアン
  2. | comment:0
アンの台所用品 :: 2012/02/29(Wed)



こんなかわいい小物たちも届きました。

残念ながら、バスケットのふたは開きませんが。

0226-8


水差しもかわいいですね。

中央にあるブラシがmianshuca作です。


そしてこんなものも作っていたmianshuca。

このカゴとナフキンと木のスプーン。

0226-6


当然なんですが、

これもほら、こんなに小さいんですね。

0226-7

  1. 赤毛のアン
  2. | comment:0
アンの本棚 :: 2012/02/27(Mon)



アンの部屋はまだできていませんが、

本棚がやってきました。

0226-5


家の出来上がりの様子が載っている見本のガイドでは、

本がぎっしり詰まっていたので、

そんな状態のものが届くのだと思っていました。

まだ疑うということを知らなかったんです。


ところが、来たのは本棚だけで、

冊子に本の作り方が載っていました。


やっぱり本のない本棚はさみしすぎます。

せめて何冊かだけでも・・


小さな小さな本が出来上がりましたよ。

0226-4

  1. 赤毛のアン
  2. | comment:0
週刊赤毛のアンの家 :: 2012/02/26(Sun)



工作部門にもうひとつ進捗の追加です。

デアゴスティーニの週刊「赤毛のアンの家」。

0226-1


そう、よく見かける少しずつ集めていく

あの雑誌です。あのめんどそうなやつ。


そもそもは母親への誕生日プレゼントでした。

自ら「欲しい」と欲したものの、

いざ作ろうとすると、「小さすぎて見えない」と・・・


そんなときは、mianshucaの出番です。

0226-2


毎週家のパーツや小物がついてきます。

壁紙を貼り、ドア枠を取り付け、床板を貼り・・・

と地道で細かい作業が続きます。


なかなか立派でかわいい小物たちなんです。

0226-3


なんですが、1回分のお届けは

びっくりするほどわずかずつです。

冊子はべらぼうに薄いです。


わが家でも、いろんなバランスについて

よく議論がされますが、それでも

結構な楽しみになっています。


ただ、期待とずれていることも多いんですね・・・

そんなときこそ、mianshucaの目は光ります。


そんなmianshucaの力作を少しずつお届けしましょう。

  1. 赤毛のアン
  2. | comment:0
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。